« 近江八幡おさんぽ | トップページ | 安土の教林坊 »

今日は京都へ

高校の放送局仲間7人とランチ
生パスタとタルトのお店
エナ・ブランカッ・タルチスカフェへ

1023a

きのこと揚げ茄子のトマトクリームソース

1023b

いちじくの爽快チーズタルト

3時間ほどおしゃべりして解散
その後、京都文化博物館にて開催中の
ヤン&エヴァシュヴァンクマイエル展(後期) ~映画とその周辺~

1023c

ヤン・シュバァンクマイエル氏は、チェコのシュールレアリスムの芸術家で
アニメーション作家で映画監督

今回は前期後期と分かれた展覧会で
前期は見に行けなかったんですが、絵中心の展示
今回の後期は映画に使われた舞台セット、立体作品の展示
獣のホネや羽根、毛、木、靴下、フォークに釘などをコラージュした作品たち
すごくインパクトが有り
刺激を受けたというか、心がざわざわする感じ
自慰マシーンとかシュールすぎ!(映画「快楽共犯者」に使われているそうです)

友人のyuttyちゃんが上手い表現してたので紹介
”美しい悪夢の世界でした”confident


京都みなみ会館では「ヤン・シュヴァンクマイエル傑作選」
上映中
「オテサーネク 妄想の子供」「悦楽共犯者」「アリス」 や短編等
10/22ー11/4

新作の「サヴァイヴィングライ」フは京都シネマにて
これは今週で終わりかも

明日も休みだし映画を見に行こうかなぁ

|

« 近江八幡おさんぽ | トップページ | 安土の教林坊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 近江八幡おさんぽ | トップページ | 安土の教林坊 »