« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

テレビっこ

BS、CSでで映画の放送がいっぱいあってワクワクheart01
最近見たのは
「私がクマに切れた理由」
自分探しをするヒロイン、アニーのお話
ナニー(子守)をするアニーが、ナニー監視用カメラに向かって
自分の考えを訴える姿が格好良かった!
「それでも恋するバルセロナ」
この2作品とも、たまたまですが
ヒロイン役はスカーレット・ヨハンソン
SF映画「アイランド」で知った彼女ですが
今回の2作品、全然違った役柄で同一人物って思えないほど
一方は堅物で、自分とは何ものかなんて考えてるかと思うと
もう一方は楽しかったら良いんじゃないとばかりに
恋のアバンチュールを楽しむような女の子で・・・
比べてみるのが楽しかったです。
「スラムドック$ミリオネア」
去年、私が一番面白かったと思った映画でした
2回見ても楽しめました

最近読んだ本は
「ウェブはバカと暇人のもの」中川淳一郎
確かに・・・と思うことが沢山有り
面白いのでお薦め
ダンナから借りて読みました

「面白南極料理人」
堺雅人さん主演の映画の原作です
すごい料理の数々や(なんせ使える食材が高級すぎ)
面白エピソード満載
楽しい1冊です

| | コメント (0)

映画とテレビ

昨日は映画を2本立て
「フィリップ、きみを愛してる!」
「おとうと」

映画を観た後に
オフィスに立ち寄ったのだけど
いつもそうなのだけど
映画を観た後って
現実との間に膜が張ったような感じで
話し掛けられても
遠くで声が聞こえてるような感じで
何を応えて良いのか分からなくて
トンチンカンなコトを言ってたりしますcoldsweats01
そんなコト無いですか?

フィリップは詐欺師のお話なんだけど
頭脳も度胸もすごいし
実話だなんてビックリです

おとうとは・・・
どんなに迷惑を掛けられても
姉弟は姉弟と言っているのが
ちょっと辛くなるほど
加瀬亮が、優しい好青年役で
良い感じでした

あ、話変わって
ついにテレビ買いましたconfident
(嬉しくてつい言いたくなる)
東芝37Z9000
税込み217000円のテレビを
外付けHD500GB リサイクル料3000円込みで
117940円
エコポイント17000 リサイクル3000を含めると
10万円切った買い物が出来て、かなり満足です

| | コメント (0)

恋するベーカリー

本日は人間ドッグ受診
同僚3人で仲良く行ってきました
苦手な採血や子宮ガン検診も頑張ったよ!
(マンモは怖くて申し込まず、エコーと触診を受診)
身長は何故か2年連続で伸び162センチ(笑)
肺活量は、前よりも勢いも量も増えて褒められ
視力も何故か良く、コンタクト変えました?と聞かれました

昼食が付いていて
3つのお店から選べます
今日は沖縄料理のお店を予約
私だったら1人でも食べるけど
他の2人は1人だったら、食べずに帰るよって言うのでビックリ
私って他の人と違うのかなぁcoldsweats01
カウンター席だったので
お店の方とお話し出来て楽しかったですheart01

久しぶりに、
家のお掃除をしたり
夕方からは、映画「恋するベーカリー」を観てきました!
建築家役のスティーブ・マーティン
65歳!?
見えなくてビックリ、充分素敵です
笑顔が、素敵
メリル・ストリープも年齢を重ねた魅力があって
とても素敵
ラストのもって行き方も良かった
監督・脚本が女性だから?
一度別れた夫と、また恋愛関係になっても
最後に自分が選んだ道が素敵
そう言う迷いが残ってたとしても
整理を付けて、前を向いて歩いていく姿が
とても格好良く見えた
終わったものを、きちんを終わったと確認しただけと言うか・・・
彼女が幸せになれますように。
3人の成長した素敵な娘や息子
自慢したくなりますよね!
彼女は、きっと幸せなはず
食卓のお料理も美味しそうでした。

| | コメント (0)

不毛地帯

昨日最終回
山崎豊子原作のドラマ化

壱岐さん、すごいですね
石油事業が成功しないのではと思ってたら
絶妙なタイミングで成功して、面白かった!
(社長が里井くんを呼び戻そうとした矢先だったんです)

壱岐さんは、自分のためじゃなく
近畿商事に入った時に、
日本の再興の為になるならと働き始めたんですが
初志貫徹というか、その目的を
最後まで貫き、社長のイスが欲しいんじゃないかと言われても
言い返さず、自分の最初の意志を忘れず
ホントにすごいと思った
少しは誰かに説明したり話をすれば良いのにと思ったのに
誰かに、甘えたり、言い訳したりすることも無く
突き進んでいき、最後は自分の使命を全うしようとした姿勢とか
ドラマを最後まで見て、すごく良いドラマだったと確信
硬派なドラマ作り、今後も期待します。

って言うか
原作が良いと言うことが大きいんでしょうね。

| | コメント (0)

京都国際マンガミュージアム

次男が先週土曜から帰省中
お昼までに確定申告を済ませ、
今日はダンナもお休みだったので3人で京都に

311a

昼食に、アバンティ1Fの京都百年屋にてラーメン
麺にモンゴル塩使用、名古屋コーチンの出汁
麺はお店で手打ちだそうで
歯ごたえのある麺です
(ダンナお薦めのお店)

311b

今日の目的地は「京都国際マンガミュージアム」
前から気になってたのに、初でした
入場料は500円
高校生の次男は300円
入り口手前にカフェがあるので、そこで軽食やお茶するコトも出来ます
世に聞く(聞かない)マンガの壁を見てきました!
そして昔ながらの紙芝居の実演が楽しかったheart01
1日3回くらいされてるようで
まずは時間の前になると館内を「13時半から紙芝居が始まるよ~」と
みんなに声を掛けに回ってくるんで、その後を付いていきました(笑)
自転車の後ろに積まれた紙芝居
めっちゃ楽しい「黄金バット」でした!
始まる前にクイズ大会になり
手をあげて正解を応えたら、おもちゃの指輪を貰いました(笑)
リアルの1巻とバガボンドを読んで帰ったんですが
1人だったら、じっくり長時間読んで帰りたい場所です
岩館真理子とか、くらもちふさことか懐かしいheart01

311c

御池中学の前にある御池桜が咲いていました

| | コメント (0)

待機晩成

笹野高史著
「待機晩成~日本一の脇役が語る人生の美学」

あの名脇役(めっちゃ色んな作品に出てはります)笹野氏のエッセイ
気付いたら、観る映画映画で目にしていました。
最近だと、「武士の一分」「火天の城」「百万円と苦虫女
「おくりびと」「劔岳」などなど数え上げるとキリが無く・・・

子どもの頃に役者になろうと思い
東京に出てきて、自由劇場に入り
渥美清さんとの話や、俳優仲間の話
色々面白かったです。
自由劇場時代の「上海バンスキング」のバクマツ役
かなり観てみたいです!

話変わって
漫画ネタですが
「岳」
実写化するみたいですね~
ちあひめに聞いて、職場でかなり盛り上がりました
三歩君の役を誰がするかで
観たいか観たくないかが分かれそうですconfident

| | コメント (0)

ピースピット「MOTHER」千秋楽

お芝居見てきました
大阪、シアトリカル應典院にて
ピースピット「MOTHER」

狭い会場で見るお芝居は初めて
役者さんの表情まで見える
感激!!
新感線の舞台だと会場が広すぎて、3Fだったりすると、誰なのかさえ、分かりづらい。
この身近さ、良いですね~はまりそうですheart01

同行の友人が詳しくて、あの人は「呪いの姫ちゃん」の時にこんな役をしてたとか
今回ピンクの傘がいっぱい使われてたけど、
『SMITH』の時は赤い番傘が演出に使われてて格好良かったって話をしてくれたり♪

末満氏(作・演出・プロデュース)は、Twitterでフォローしてるので
この作品に関するつぶやきも色々読んでいて・・・
さらにお芝居も楽しめた気がしますconfident
千秋楽だっただけに、カーテンコールにもうるうるwink

我孫子くん役の山浦くん、可愛いです

| | コメント (0)

宵山万華鏡

一昨日昨日と21時過ぎまで残業。
一昨日は帰宅してから夕飯を作ったので
なんと夕飯が23時(笑)

昨日は急なアクシデントの対応で残業
(そりゃ無いよって結構無茶な依頼が来て、印刷修正も間に合わず
全部手書き修正と言う面倒な事態に・・・)
疲れすぎたんで、同僚と寄り道して麦酒を飲んで帰りましたcoldsweats01
お店で注文したモノは、餃子と唐揚げに麦酒が2杯。
ニンニク入りの餃子を頼んだら、なかなか強烈で(美味しかった)
今朝になっても自分が臭くて・・・今日が休みで良かった
先週までは新人スタッフ採用の為に、面接、オリエンテーション、研修を組んだりと
ずっと忙しくて、そろそろ早く帰りたいと思ってた矢先の残業だったんで
半分やけくそで、え~い何時まででも残ってやるって感じで・・・(笑)
結局21時まで。帰りの電車でうとうとして、
乗り過ごしたかと一瞬焦ったけどセーフでした

最近読み終えたのは
森見登美彦氏の「宵山万華鏡」
あんまり面白かったので
早速趣味の似てる友人に薦めまくり
森見氏、「四畳半神話大系」(←アニメ化決定)からすごい進化してます!
あのループし抜け出せない世界
幻想的なのに現実感があり
祇園祭の宵山の世界から抜け出せなくなるってお話
宵山、今年は是非行ってみようと思いました(笑)

他にも最近読んだのは
日本辺境論(内田樹)
北緯14度(絲山秋子)

マザーハウスの記念イベントの招待状が届きました!
誰かご一緒しませんか?

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »