« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

ハッピーがいっぱい

昨日は学生のバイトや同僚ら8人で飲み会
楽しかった~confident
お腹が痛くなるほどいっぱい笑い
身体にもきっと良かったはず!(笑)

帰宅すると、郵便受けにプレゼント
半月遅れの誕生日プレゼントheart02
めっちゃ可愛くて感動
お花のマグネットです
色がめちゃめちゃ好み
ポストカードは安西水丸
包み紙のピンクも可愛すぎ
メッセージにも心動かされ・・・
ものすごくハッピーです
決まり文句かもしれないけど
”生まれてきてくれてありがとう”って
ハッピーをありがとう!

228b

| | コメント (0)

ラブリーボーン

14歳の少女が殺された後の世界を描いた作品
主演のシアーシャ・ローナンの美しさ可愛さが光ってました

少女を殺した犯人の残虐さに吐き気が・・・
観てる間中ホントに気持ち悪くなってしまい
私はダメでした

娘を亡くしてボロボロになる両親の姿に
観ていて、胸が苦しくなり
犯人に怒りを覚え

天国とこの世界との間のシーンの映像は
美しく、幻想的で好きです

死んだ後、誰も居ない町を走り回り
自分の家に帰っても
誰も居ないと言う恐怖が
そんな夢を自分も見たことがある気がして
とても怖く
自分も1回死んだことがあるのかも
なんて気がしたくらい(笑)

ここからネタバレ・・・・


最後は遺体が見つかると思ったのに
二度と見つからない場所に埋まってしまって「え~!」
更に犯人は捕まらず、
足を滑らせ死んじゃって終わりって言うのにも「え~!」
な感じでしたcoldsweats01

| | コメント (0)

インビクタス

今日は46回目の誕生日
いつも通り
母からお祝いの電話があり
近所の友達もお祝いに来てくれましたconfident
カバンをもらったり
レザーのブックカバー
フランフランのポーチにハンカチ、マグネットフック
誕生日は感謝する日ですねwink
みんな、ありがとう~

今日は偶然、仕事が休みだったので
観たかった映画を観て
行ってみたかったお店に行き、過ごしました

映画はクリント・イーストウッド監督の「インビクタス/負けざる者たち」
魂が鼓舞し
自分を奮い起たせてくれる映画でした

映画の中に使われた詩

ウィリアム・アーネスト・ヘンリー
最後の2行

私が我が運命の支配者
私が我が魂の指揮官なのだ

諦めちゃダメなんですよね

南アのネルソン・マンデラ大統領
ラグビーチームを応援することで
人種差別を乗り越え新しい世の中を作っていこうとする

恨みではなく、赦しが未来を作っていくと言うネルソン・マンデラ
27年間も投獄されていたと言うのに・・・

多くの人の気持ちを1つにするのは難しい
彼の指導力は素晴らしい
ネルソン・マンデラについてちゃんと知りたいと思った

映画の後は、
前から行ってみたかった
なぎさ公園のWARMSにて
麦酒を一杯(笑)
(珈琲を飲むつもりが、つい・・・)

Warms

215a

開放感のある窓からは琵琶湖が一望

215c

エビスの生ビール
泡がめっちゃ口当たりよく
うまうまでした

215b

| | コメント (0)

最近観た映画3本(ネタバレあり)

この前の水曜はお休みだったので・・・

「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」
良かったです!
音楽が素晴らしかった!
クラシックよくわからないけど
解説付きっていいですよね~
音楽が、すっと入ってくる気がします

のだめが充電するって言って
千秋先輩をむぎゅーっと抱きしめるとことか可愛いし
空気読めよって言うシーンも
ベイベちゃんって先生が呼ぶのも良いし
のだめのファッション可愛いかった
チェックのワンピもコートも
投げられる前に必ず人形に変わってるのも良いわ~
あと、しくしくうじうじだけじゃなく
妙に強くなってしまうところが可愛いです、のだめ

「サロゲート」(身代わりロボット)
のだめの後で観たしか、ちょっこし寝てしまったcoldsweats01
各自、自分のサロゲート動かすみたいなところが
怖い世界~
自分より若かったりキレイだったりするサロゲートで
本人はと言うと、家でじっとしてて・・・
すごい世界です

そして金曜日、仕事の後で「ゴールデンスランバー」を
伊坂幸太朗大好きだし
原作「ゴールデンスランバー」も大好き
映画も面白かったんだけど
なんか、なんか足りない
骨太な内容じゃないけど(沈まぬ太陽みたいな)
映画の、花火が上がるシーンとか大好きだけど
本にはあったモノが
なくなってた気がする。気のせいかなぁ?
それが何かわかんないんですが。

そういえば「ゴールデンスランバー」って
黄金のまどろみって言う意味みたいだけど
それって映画の中身に関係あった?って聞かれ
う~んとうなってしまった
懐かしい学生時代の事かなぁなんてちょっと思った
謎な部分は謎のままで、そこは関係ないしと
突き放した感のあるお話です。
寓話っぽい

| | コメント (4)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »