« パラドックス13 | トップページ | 瀬田 シェ・ムートン »

信貴山 朝護孫子寺

長男と2人で大阪と奈良の境にある信貴山へ
今回の目的は、長男が信貴山縁起絵巻を見たいと言う希望を叶えるため・・・
本物は年に2回公開されるそうですが、ちょうど長男のテスト前だった為に断念し
複製でも良いからと、今回ようやく実現
前日も雨と、心配していた天気でしたが、ちょうど良い季候に恵まれ
歩いたのは9~10キロ

出発時間は近江八幡7:22発の電車
行きは大阪周り
恩智駅からハイキング
お寺までは6キロ
(恩智駅到着は9:26)

1206a

途中から見た景色
紅葉した山と眼下には大阪の町並み(八尾?)
めちゃキレイ!

1206b

貯水池の付近で少し迷い、地元の人に道を尋ねたんですが
70代くらいの方から「青春を楽しんでね」ってニコニコ笑顔で言われました
私の青春、今からですか!?(笑)
そして、この吊り橋渡るの
かなり怖くて大騒ぎ
長男に「ちょっと待って!」
「ムリ、ムリ、ムリ!」の連続

1206b2

開運橋から見た景色
有形文化財に指定されてます
お寺到着は11:30頃

1206c

虎がキュート

1206d

でかいよ!虎

1206e

ちょうど、本日は厄除長寿祈願の大根だき会でした(なんてラッキー)
これが、柔らかく味がしみた美味しい大根で
身体も温まります

1206f

千体地蔵
14時前お寺を後に

1206h

仁王門を出てすぐの和菓子屋さんで売ってる
虎のお饅頭1個80円

1206ib

ケーブル線跡がハイキングコースに
落ち葉の絨毯ですごくキレイ
通る人も少なくて、良い感じの道ですが
かなり急な下り道なので、勢いがついてドンドン降りちゃいます

1206j

信貴山下駅到着は14:30過ぎ
近鉄で生駒→大和西大寺→京都

1206k

近江八幡へは17時前到着でした
実家のお土産に買った張り子の虎
めっちゃ可愛いです
来年の干支なんでちょうど良いね

では、朝護孫子寺について・・・
聖徳太子が、戦に勝つ祈願に訪れ
丑の年、丑の日、丑の時間に毘沙門天が現れたんだとか
信ずべき貴ぶべき山と言ったところから信貴山と名前が・・・

信貴山縁起絵巻も面白くて
3巻からなり
開山した命蓮上人について描かれたもので
1巻目は倉が飛んだ話
2巻目は醍醐天皇の病気治癒の祈祷の話
3巻目は信濃から命蓮上人のお姉さんが訪ねてくる話
(奈良の東大寺大仏の絵も!)
絵巻物の現物は奈良国立博物館蔵

本堂は信長が攻めて焼け落ちたのを
豊臣秀頼が再建したんだとか
地下に宝珠殿が
ここは真っ暗な中を壁伝いに歩いていきます
初めての方は、ちょっと面白いのでお奨め
空鉢護法堂は本堂からさらに20分ほど上っていきます
往復40分ですが、頑張って歩き足に結構きました

本日2人で使った費用は
JR2700円(私は途中まで定期)
近鉄2180円
宝珠殿 200円
霊宝堂600円
昼食1800円(天ぷらそば)
お饅頭160円
お土産800円
護摩木1000円
合計9440円でした

|

« パラドックス13 | トップページ | 瀬田 シェ・ムートン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パラドックス13 | トップページ | 瀬田 シェ・ムートン »