« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

熊野古道 2日目(11/21)

ホテルを8時半に出て、
駅前から出る熊野交通のバスで那智駅へ
8分で220円
そのまま乗っていると、私たちの目指す那智の滝まで行けます
そこまで乗ったら600円

たまたまなのか、那智駅で降りる人は居ませんでした(笑)
駅から大門坂を目指し、熊野古道を歩きながら
那智大社、那智の滝を目指すことに
6,7キロくらいのコースです
9時過ぎに那智駅を出発して、那智大社参道に到着したのは11時半頃でした

1121b

まずは、那智駅近くの『補陀洛山寺(ふだらくさんじ)』
インドから熊野の海岸に漂着した裸形上人によって開山
平安時代から江戸時代にかけて人々が観音浄土である補陀洛山へと
小船で海へ出ると言う修行が行われていたとか・・・
この寺の横には、熊野三所大神社(くまのさんしょおおみわしゃ)が
(画像は熊野三所大神社)

1121c

渡海船
船の上の屋形には扉が無い
屋形に人が入ると、出入り口に板が嵌め込まれ外から釘が打たれ固定されたのだとか

1121d

こんな道しるべが熊野古道のあちこちにあります
「曼荼羅の道」と言う旧街道は台風時の倒木のために
通行止めにcoldsweats01

1121e

ここから大門坂です
近くには大きな駐車場があり
ここまで車で来て、歩く人が多いみたいです
ここはかつて坂の入り口に大門があり、
通行税をとっていたことが名前の由来になっているんだそうです
通行税?じゃないだろうけど
石の上に、小銭がたくさん置かれた場所がありました

1121g

苔むした石畳が続きます
30分くらいで上れます

1121i

熊野那智大社に到着です

1121j

全国にたくさんある熊野神社の御本社
主神熊野夫須美神(ふすみ)が祀られている


1121k

青岸渡寺
裸形上人による開基
西国一番札所
本堂は豊臣秀吉が再建

1121l

那智の滝
高さ133メートル 滝壺の深さ10メートル
熊野那智大社別宮、飛瀧(ひろう)神社のご神体

1121m


1121n

地ビール『熊野古道麦酒』

1121o

帰りの電車の窓から・・・
紀伊半島の海岸には、こんな風景があちこちに
串本の「橋杭岩」は電車からもよく見えるのですが
なかなか迫力があります
(これは写真撮影失敗coldsweats01

| | コメント (2)

熊野古道 初日(11/20)

勝浦、遠っ!!
京都から特急で4時間も掛かります
職場で「博多まで行けるな~」と言われましたcoldsweats01

1120a

オーシャンアローに乗って
8時半に乗り、着いたのは12時半

1120b

駅前のbodai(ぼだい)というマグロ創作料理のお店でランチ
マグロカツ定食と刺身定食を注文
中が半生のマグロに薄い衣のカツを
おろしポン酢で食べると絶妙の美味しさ!
かなり当たりでした

メインの熊野古道散策は2日目に計画
初日は紀の松島めぐりに
駅から海までは徒歩で5分という近さ
駅前と海の側に足湯がありました

1120c

1120d

1120e

これは鯨の骨の模型

遊覧船は1人1500円
太地まで行って、くじら博物館などを見て回り勝浦に戻り
(鯨やイルカのショーも見てきました)
太地だけではなく串本(日本最南端 潮岬も串本)とか行ってみたかったんですが
JRで移動しようと時刻表を見ると
全くと言って良いほど電車が無くビックリでした!
バスを利用して、翌日の那智行きが可能に
東海道線のように頻繁にあると思ったのに・・・

夕食がすごかったので
画像を残しておきます!

1120g

鯨の酢味噌和え
柿、銀杏、ムカゴ
秋刀魚のすり身の蒸し物

1120h

鯛しゃぶ
海鮮サラダ
マグロ漬け丼
土瓶蒸し

1120i

見たことの無いような、まぐろお刺身
まるで霜降りのお肉!

1120j

炊き合わせ
茶碗蒸し

1120k

天ぷら(あられをまぶしたエビ、キス、レンコン)
お吸い物 
伊勢エビ

1120l

バナナのクレープで巻いたもの
サツマイモ

行ってみて・・・
とても行きにくい場所だとは思ったんですが
ここから行きにくいだけでなく
勝浦から白浜まで特急で1時間半掛かるって言うのにも驚き
勝浦の町をすべて見て回った訳ではないけど
どこに行っても見かけて当たり前だと思っていた
大手資本のスーパーやコンビニ
ファストフードの店も一切見あたらない
自分が当たり前だと思っていた環境が
どこでも同じだとは限らない
それも近畿圏内で、そんな場所があるとは思わなかったので
カルチャーショックでした

違うのは生活環境だけでは無く
たとえば食文化も・・・
勝浦は冷凍じゃない生のマグロを食べられます
普段スーパーで買って食べているマグロとは別物のようで驚きでした
仲居さんの話によると
この辺の子供は舌が肥えて困ると笑って話されてました

それぞれの土地で
人は、当たり前に自分の生活をしている
いろんな生活を想像して楽しくなった
なんだか素敵だと思う
うまく言えないけど

| | コメント (0)

見なくちゃ損!

大阪の梅田芸術劇場で公演中
劇団新感線『蛮幽鬼(ばんゆうき)』を見てきました!

お芝居も久しぶりでしたが
こんなに楽しめたのも久しぶりな気が・・・
堺雅人には目がハートに
3階席だったので顔まではよく見えなかったけど
登場したとたん、堺さんの声にくらくら
もちろん堺さんだけじゃないですよ
脚本も完璧!
ストーリー自体とても楽しめました

笑いも随所に!
上川隆也・・・すごい迫力があるコトに今更気付く
稲森いずみ・・・大河ドラマ出演時にも良いなぁとは思ってたけど
美しさ+演技の迫力!
他の方々も、みなさん素晴らしく・・・

話については公演中なので触れませんが
ラストにはポロポロ涙が・・・
泣く・・・ってよっぽどですよね

当日券も販売されてるらしいので
出来るなら、出来るならもう一度観てみたいです

| | コメント (4)

目的地に行けず(笑)

目指した大嶋奥津嶋神社には行けず
ここはアケビ似にたツル植物で”むべ”と言う実がなり
天皇献上が復活したんだとか

間違って言った先は若宮神社(笑)
ここは、子どもが小学生の頃に
ひっそりホタルを見に行ってた場所なんです
この近くに山口古墳群ってのが在るみたいです
近江八幡で最大規模の古墳らしく
石室が良い状態で残っていて、ホントなら中に入れるらしいんですが
今はイノシシ除けの柵や何かで入れなくて
入れるように整備しますってWEBには・・・
見に行ける日を楽しみにしてます


ここから先は行ったコトがなかったですが
ハイキングコースになっているみたいで
看板が出ていました
(今日は入り口だけ)

1115b

1115c


| | コメント (2)

空気人形(ネタバレしてます)

思ってもいなかった話の展開でいろいろ衝撃的な映画でした!
是枝監督の作品は以前「誰も知らない」を見て衝撃を受け
そして、今回の新作・・・
ラストの展開には目を見はったし
空気人形そのものにも驚きました。いろいろ・・・
値段とか・・・(5900円とか安くない?)
構造とか・・・(外して洗うんや)wobbly

ペ・ドゥナが可愛く
ホントに人形って感じで

人形の持ち主秀雄との会話が笑える
新しい人形にヤキモチを妬いたり
持ち主が「人形に戻ってくれないか」って頼むのも・・・
Hに心は要らないのか~coldsweats01
私のどこが好きなの?と聞く空気人形に
「そういうのが面倒くさいんだよ」と返す秀雄

好きな人を自分の息で満たしたい
彼女の取った行動は、純粋なだけに
切なく・・・

彼女から、空気が抜けていくシーン
ARATAがおへそから息を吹き込みシーン
手の動き
胸の動き
ペ・ドゥナ、かなりエロくてキレイです
彼女の身体、人形みたいにキレイで見とれちゃいました

生活感のある街をバックにして
それ見てるだけでも楽しかったです

後半、グロめのシーンがあり
作品には好きずきがあるかも
職場のSちゃんは見なくても良かったって感想でしたcoldsweats01

■最近見た他の映画
「私の中のあなた」
キャメロン・ディアスが病気の子供を持つ母親役
今までのイメージとは違う役ですが、良かったです!
女の子の作ったコラージュのアルバムがものすごく格好良かったです

「さまよう刃」
東野圭吾原作を映画化
ラストは原作とは違ってた
余計に切なくなる終わり方で・・・

「サイドウェイズ」
映画の中で、ワインいっぱい飲んでるんで
見てると飲みたくなります(笑)
ワインワイナリーを巡ってテイスティングってお洒落ですね~
でも飲んじゃ駄目なんですねcoldsweats01
吐き出すの見て、ビックリでした
知らなかった~

「風が強く吹いている」
大学生が箱根駅伝を走る話!
爽やかです~走りたくなりますよ♪
今度、原作の小説をIさんに貸してもらう予定です

■読んだ本
伊坂幸太郎「あるキング」
今までの伊坂作品とは違う感じで・・・
ドキドキ感が感じられず、寂しかったです
私の感性が悪いのかなぁ
ただいま、Tさんに貸し出し中~

宮部みゆき「英雄の書(上下)」
ファンタジー
設定が面白くて、次が気になり一気に読めます

| | コメント (4)

おさんぽ

1108a

午前中は安土の瓢箪山古墳へ
滋賀県で作られた最大級の古墳で前方後円墳
当時の蒲生・神崎両郡を支配していた豪族
「狭狭城山君(ささきやまぎみ)」に関連すると考えられています
ちょっと小高くなってて、景色は抜群
ここから出土したモノは、京都大学の博物館にあるそうです
で、レプリカなら安土考古博物館に・・・

午後はおさんぽ
巨木を祀った所が浅小井にあるからと言うのでおさんぽ出発

1108b

近所のおばちゃんが、旅行者らしき2人に説明をしている様子でした。
私たちは、写真だけ撮って移動

1108c

今宮天満宮神社
ここも佐々木家関連の神社らしい

1108d

気付いたら安土(笑)
マンホールです

1108e

こんもり木が茂っているけど、何だろうと目指して歩くと・・・
熊野神社

1108f

耕栄社
NETで調べたけど、よく分からず

1108g

行者堂
耕栄社と同じく閉められていました
行者が籠もる堂
役(えん)の行者を祭る堂と、NETには・・・

1108h

高木神社
今日は全く知らなかった神社の発見が多いです!
かなり小さくて、見逃してしまうような神社です

1108i

向こうにかすかに見えるのが饒石神社
ようやく家の近くまで帰ってきました

1108j

蛇砂川です
ここ、鴨がたくさん泳いでて可愛かったんですが
写真を撮ろうと近づくと、逃げていってしまいました
ごめんね、鴨さんcoldsweats01

| | コメント (4)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »