« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

もうすぐ3月 そんなお天気でした

226a

職場のバイトの女の子達とランチに
竜王の「ジャスミン」って言うインド料理のお店
せっかく写真を撮ったのに、メインのチキンカレーが写っていません(笑)

226b

それからボウリングへ
数年ぶりでした・・・coldsweats01
写真は1ゲーム目
3ゲーム目になると少し慣れてきたのか95!
(隣のレーンで投げてた男の子のフォームを、真似してみたら少しだけ上手くなった気が)

| | コメント (2)

223d

午後から陽が差してきたので、安土へ

223e

ヤマガラが居るんですが、写ってませんね(笑)
頭の上やくちばしの下の羽毛は黒
翼は灰色、おなかはオレンジ色のとってもキレイな野鳥です

223f

梅も咲いてます

223g

■最近観た映画
「少年メリケンサック」宮崎あおいちゃん、キュート!

| | コメント (2)

明日から仕事

219a

5日も休むと
明日から仕事に行くの嫌だなぁ~なんて
思ってしまう自分が居ます
寝てばっかりだったし、起きれるかも心配coldsweats01

■最近読んだ本
伊坂幸太郎「チルドレン」
短編集のふりをした長編小説と著者本人が言うだけに
一つの長編小説です
登場人物が個性的で魅力的
陣内くんは、「立ち向かうこと」が彼の基本方針
過剰なまでの自信家で、
妙なたとえ話で相手を煙に巻くのを得意とする
チルドレンIIのラストは大好き
陣内くんが、格好良い!

伊坂幸太郎「ラッシュライフ」
5つの視点で進む
それぞれの人物が直接関わらないのに
意外なところで接点があったこと、出会ってたコトが
後半少しずつ明らかに・・・
5つの物語が”一枚の騙し絵”として収斂する
作中に出てくるエッシャーの絵のように

※画像はRちゃんからの贈り物 ツボを押すやつとカード

| | コメント (2)

本の小山

217

インフルエンザは順調に治癒に向かってて
昨日は、耳がトンネルに入ったみたいに聞こえにくかったのが
今日は普通に聞こえます
時々咳き込むと、今までうんと咳をしてたせいで胸が痛くなるのが辛いくらい
響くような痛みです
熱も平熱だし、あと少しの辛抱

ってことで、布団の中で出来るコトはそう多くなく
ひたすら本を読んでます
昨日も1冊読み終え、読む本が無くなったので
病院の実習から帰ってきた長男に、
読みたい本のリストを渡してお願いしました
疲れて帰ってきたばかりだし嫌がるかなぁと思ったけど
「S書店で買ってきて」とメモを渡すと
「この本を探すのは近くのS書店だけで良いの?」って
あちこち、探し回って集めてこようかって意味だったみたいで
「ううん、その中の数冊見つかったら充分やし」とお願いしました
で、買ってきて貰ったのは全部伊坂幸太郎(笑)
つい面白いなぁと思うと、同じ著者の作品を読みたくなる性格です
今週は一人伊坂フェアです

この後、長男にはドラッグストアでトリートメントの買い物も頼んだんですが、
出て行った後に廊下の埃が気になりモップをかけてると
長男が帰宅・・・
「言ってくれればするのに」
その言葉だけで、1人にんまりしてしまいました。
たまに病気すると、良いことも有るもんです
(多分、風邪くらいではそうでも無いけど、さすがにインフルエンザだと違うみたい~)

■最近読んだ本
さよならバースディ 荻原浩
バースディと名付けたボノボ(類人猿)
言語習得実験を行う霊長類研究センターを舞台にしたミステリー
彼女の死はバースディだけが見ていた・・・

| | コメント (0)

最高のプレゼント

去年の年末から「ヘブンズ・ドア」一色
頑張ってきたのが報われました!
なんと14日(土)に職場のシネコンに長瀬君、福田麻由子さんが
舞台挨拶に来館!!
イベント終了後、ホッとしたのか立ってるのも辛くなり
イスに座り込む
ボーッとしてるのはリアル長瀬君のせいか、熱のせいなのかわからず
早退させて貰い、病院に行くと
インフルエンザって言われましたcoldsweats01
翌日15日は私の誕生日だったんですが
インフルエンザの誕生日は生まれて初めてでした(笑)
早く薬を飲み始めたのが良かったのか、
38度あった熱も、昨日は37度台に
今日は平熱です(感染するんで、取りあえず木曜までは休みますが)
笑えるのは、ダンナが自分も感染してるし
発症しても良いように、早めに来週分の仕事も済ませて
更に寝床で読む本を注文したなんて言ってるし
(さっき届きましたよ アマゾンから)

もう一つ嬉しかったのは
頑張って作った、手作りスタンディ
お客さんがいっぱい写真を撮ってくれてたコト
なんと、ブログで紹介されてました!

■最近見た映画
「ヘブンズ・ドア」
この映画、すごく好き!
かのちゃんが早くに見ててブログで感想を書いてたんだけど
その通りって感じたよ!
かのちゃんが2回映画を観た理由が、映画観て分かりました
ちらっと出てた某N氏ですよね?(それだけじゃないのも分かってます!)
映画は、マイケル・アリアス監督って「鉄コン筋クリート」の監督さんでもあるんだけど
あの作品を実写にしたようなイメージです
街の風景、遊園地、空、海
ざらっとした荒い映像
レモンを目の上にのっけた春海ちゃん
どのカットもいちいち良い
その映画を観た2日後に、生長瀬君と福田麻由子ちゃんですよ!
いや~興奮しすぎて死ぬかと思いました
(実際、死んでましたが)
他には
007 慰めの報酬
マンマ・ミーア

■最近読んだ本
「こころげそう」畠中恵
「自然治癒力で生き返る」帯津良一
治癒の為、大切な3つの条件
パワフル 強い
バルネラブル 人間の持っている弱さに気付き自覚
メメント・モリ ラテン語で「死を想う」

いい「場」に身を置く

場を左右するのは、そこに居る人のエネルギーで決まる

もともと高い、もしくは低下していない生命場を、さらに高めるためには
「心をときめかせる」

| | コメント (2)

春みたいにぽかぽか

野洲の「カレッタカレッタ」にてランチ
場所は、国道8号線を三上神社の交差点を南に
(サンタマリアさんに教えて貰ったお店です)

0204ajpg

その後、少し遠回りしてドライブ

図書館に行ったり
久しぶりに茶楽でお茶したりとノンビリ過ごす
茶楽のOさんとは、かなり久しぶりでした
なんとお二人目のお子さんを抱っこされてたので
ビックリ!
おめでとうございますhappy01

0204bjpg

■読書記録
「対話篇」金城一紀
何か読もうかなと探している時に
「フライ、ダディ、フライ」「GO」が面白かったので、
同じ作家だからと何気なく選んだ本

3つの中編が収められています
3作品目の「花」を読んでビックリ
これって映画を観たよ!
大沢たかお主演で、確かもう1人は柄本明
別れた奥さんが亡くなり
自分に残された遺品を取りに行くために
東京から鹿児島までドライブしながら
奥さんとの記憶を取り戻して行く話
花でいっぱいのラストシーンのイメージが今でも頭に残ってます
そっか、彼の原作だったんですねぇ
その映画を観た時の記憶が蘇り、懐かしい気持ちになりました
調べたら2003年、もう6年も前なんだー

| | コメント (2)

永遠の仔

「永遠の仔」天童荒太

上下巻ある長編小説だけど
読むのが止まらなく・・・アッと言う間に読み終えました
予想出来ない展開が続き、次が知りたくて本を閉じられず!
児童虐待、介護問題などテーマは重い。
主人公3人(少女と少年2人)のお互いを想う気持ちや生き方に
不器用だけど愛が溢れてて、優しすぎて悲しくて・・・
感想が言葉にならないけど、心に残る作品です。お薦め!

201a

201b

201c

■先月に行ったカフェの紹介
多賀の「藝やカフェ」
コーヒーはアイビーンズさんの豆を使用
カフェに置かれたイスも一脚ずつ違ってて素敵です
お店で使われてる珈琲カップは
アイビーンズさんの隣の陶芸家さんの作品で
陶芸体験もさせて貰えるそうです
カフェから徒歩5分くらいの場所に
ガラスアートをされてる人がいらして
紹介してもらいました
体験教室もされているそうです

最近観た映画
「チェ 28才の革命」
エルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナ
魅力有る人物ですね
「チェ 38才別れの手紙」も31日から公開しています


| | コメント (2)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »