« お茶する1日 | トップページ | ugo no syu photography exhibition 2nd »

ニカを偲ぶ会

1018

今日はニカを偲ぶ会
ニカは私たちの長女で、生きていたら21才
19年前の10月22日に、逝ってしまいました
2才と5ヶ月でした
手術は2回(肝臓と腸を直接繋ぐ手術)、
食道静脈瘤の硬化療法など治療を受けました
最後は腹水がたまり、顔も変わるほど痩せていき・・・
何もしてあげられなかったのかもしれない
ただ見守るだけで

絵本が好きで、ページをめくりすぎて
指先がかさかさに・・・
いつも加えていた大切なニップル(おしゃぶり)を
親の口元に(彼女の好意です)
「ありがとう~でも遠慮しとくわ(笑)」

彼女からもらった沢山の贈り物を
忘れないで、時々は思い返さないといけない
あの子に生まれてきてくれてありがとうを
あの子のために当時心をくだいて下さったみんなにありがとうを
看護師さん、お医者さん、血を分けてくれたお友達

今も色んなコトで悩んだりするけれど
本当に大事なコトって、忘れがち
小さなコトに囚われず、もっと広く大きく
俯瞰的視野で・・・
そこだけ見てちゃ、見えないことがいっぱい有るから

|

« お茶する1日 | トップページ | ugo no syu photography exhibition 2nd »

コメント

makiさんは覚えていらっしゃらないそうですが・・・
あの時、ニカちゃんのことを少し話してくださったんですよ。
アルは1歳まで体重が全然増えなくて、これで風邪でもひいたらすぐ命が消えてしまう・・・そんな気持ちで育てて、やっと体重も増えるようになって、麻疹も乗越えて、先が見え始めた頃だったので、makiさんのお話を聞いて、勇気付けられた気がしたのよ。
ニカちゃんのことを話してくださったmakiさんと、ニカちゃんが亡くなった10月に初めて二人でいっぱいお話したこと、やっぱりニカちゃんがめぐり合わせてくれた縁のような気がします。

投稿: サンタマリア | 2008/10/18 22:15

サンタマリアさん♪
私が勇気づけたなんて言って貰えて、
こっちこそ有難いなぁと思います。
サンタマリアさんのブログ読んでて
すごく格好良いなぁと思ってます。
姿勢が真っ直ぐでぶれてない・・・
自慢のお友達ですheart01

投稿: maki | 2008/10/19 06:03

makiさんの人をほっとさせるやさしさや、ご夫婦の絆の強さは、ニカちゃんが心に住んでいるからなんですね。。。
11月18~24日頃まで京都に帰ります。もしも運が良くて会うことが出来たら、おすすめのカフェ↓に行きましょうね!(実家から歩いて3分です)

http://www.ctn139.com/shop_kyoto.html

投稿: kazumi | 2008/10/19 08:51

kazumiちゃん♪
里帰りの日程が決まったんですね~
お知らせをありがとう♪
11月の休みが決まればメールするね。
今度こそ、会えると良いなぁheart01

投稿: maki | 2008/10/19 21:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お茶する1日 | トップページ | ugo no syu photography exhibition 2nd »