« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

ダーティ・ワーク

絲山秋子著(集英社)

会えなくなって久しい誰かのことを思い出させます。
連作短編群像劇って面白い。
誰かと誰かが少しずつ繋がっていて、
知らない場所で色んな事が起こってる。

| | コメント (0)

ボーン・アルティメイタム

お客さんに「窓から飛び出す映画上映してる?」と聞かれて、
ばっちり答えられた私です(えっへん)
その映画を今日は見てきましたよ(ようやく)

ジェイソン・ボーンのシリーズ3作目。
記憶をなくしたボーンの記憶が戻る!!
CIAのトップ絡みの極秘プロジェクト。
怖すぎ!!
CIAに追われるボーン。
賢くて強くて優しくて!
ものすごーく面白かったです。

その後見たのは「自虐の詩」
畳替えしに惚れ惚れ。
でも、疑問も残ったよ。
愛してるのに、その態度って!?
キャラ変わってるし!(どの時点でパンチパーマなお兄さんに?)
その辺はマンガ読まないとダメ?

夕飯の買い出しで鯨肉のカツ(揚げるだけ)を見つけて購入。
懐かしい味がするのかと思ったけど、懐かしくも何とも無かった・・・
(小学校の給食に出た世代です)
胸やけして胃薬飲みました。もう寝ます・・・

| | コメント (0)

秋の一日

次男が帰省中。
3人で安土へ(長男は模試)

1123b

1123a

1123c


| | コメント (1)

ugo no syu photography exhibition

ugo no syu 写真展
開催:2007年11月20日(火)~25日(日)
12:00~19:00(日曜日は18:00まで)
場所:京都・同時代ギャラリー(1928ビル内にあります)
sizeさんの写真が好きで見に行きました。
他の人の作品では、女の子を撮った写真がすごく可愛かったです!

お昼は、ビストロ「レガーロ」にて。
京都御所の向かい(裁判所の隣)

1122a

日替わりランチ800円
さわらのポアレ(キノコのソースが美味しかった!!)
かぼちゃのポタージュか小エビのトマトソーススパゲティか選べます
パンかライス

珈琲(紅茶)はプラス200円
デザートと珈琲(紅茶)はプラス400円

1122b

私が頂いたのは、オレンジ風味のチーズタルト
爽やかなオレンジの風味が口いっぱいに広がり、
ホントに美味しいです!!
他には・・・
モンブラン
いちじくと黄桃のロールケーキ
豆乳のブラマンジェ 黒蜜きな粉

1122d

お店を出た後に、御所へ。
小雨の中、紅葉狩り。

1122e

寺町をぶらぶら。
三月書房にも立ち寄りました。
超個性的な書店。

そして、一保堂の中にある茶店「嘉木」で日本茶を頂きました。
2~3つの湯飲みに移し替えて適温の湯冷ましを用意出来たら、
急須に移します。
お茶菓子と一緒にお茶を何杯もお代わり。
その後、家に帰る頃までお茶の香りが自分の身体から漂うくらい飲みました(笑)
お茶って良い香り~

1122f


| | コメント (0)

絲山秋子『エスケイプ/アブセント』

電車の吊り広告を見て、あ~久しぶりに 絲山秋子の本を読みたいと思い、
図書館で借りてきました。
主人公は1966年生まれなのに、ゲバ文字・・・とか言ってて、
確かにちょっと遅れた活動家。
ダンナとゲバ文字の話をしたり、立命館の友達が民青に入ってたなぁなんて話を。
「二十歳の原点」文庫版を二十歳の誕生日にもらい、感想を聞かせてって言われて困った記憶が・・・
懐かしいです。民青の友達と喫茶店で本の話をしたっけ。

なんか、 絲山秋子の本の感想とは全然違うね(笑)

| | コメント (6)

夕飯はぶりの照り焼き

言いにくくても、本当に言わなくちゃいけない事を伝える。
難しいけど、それが出来るSちゃんは、本当にすごいと思う。
つい、どう思われるかとか考えてしまって、なかなか言えないのが私^^;
見習わなくちゃ!

画像は、出勤時間にちょうど良い電車がなかったので、早めに電車に乗り、
ミスドでノンビリ。ポンデ・クランチ・ショコラとカフェオレ。
そして、雑貨屋ホリデイ アパートメントで購入した玄関マット。

1117a_2

1117b_2

| | コメント (2)

夜明けの街で

東野圭吾著。
図書館に予約していた本がようやく借りられました。
後で知ったけど、サザンの曲「LOVE AFFIR~秘密のデート~」に
感化されて書いたとか。
読みながら勝手に主人公のイメージは佐藤浩市。
相手役は直ぐに浮かばないけど、例えば小西真奈美。

不倫するやつは馬鹿だと思っていた主人公が、突然恋をする。
彼女には殺人の容疑がかかっており、
まもなく時効を迎えようとしていた。
主人公の心の動きが、かなりリアルな感じで、先が気になり一気読み。
彼女との出会いや、彼女との会話、布団の中からこっそり電話したり、
自宅への帰りが遅くなった時の言い訳を考える所や色々。

ラストの展開には、ちょっと驚かされた。
これだけ振り回されたら、どんな気持ちになるんだろう。
秋葉の気持ちがいまいち掴めず。
そこまでするのかなぁと言った気持ち。

| | コメント (2)

初ピースピット『呪いの姫子ちゃん』(P)

ピースピット初体験!
さわちゃんたちと『呪いの姫子ちゃん』を観てきました。
なんと最前列のど真ん中!!
注・・・さわちゃんはピースピットの舞台、半分観てるんだそうです。

前もって「小劇団だしね、例えば、全員で声を揃えて言う所で揃ってなかったり、
台詞をかんでも、そう言うもんだしね。」と聞かされてハードル低く心の準備してました(笑)

でも、そんなの不要でした!!
確かに3時間15分は長かったけど(おしりが痛かった。あと台詞はかんでたけど)
充分、集中していられる楽しさ!!

役者さんとか詳しくないんですが、ヒロイン姫子ちゃんの可愛さにはノックアウト!
動きもバツグン!!
シスタースノウ(きれい!!)にメフィスト(クール!!)も良かった~

ここからネタバレありなので要注意・・・

人に好かれると、その人が不幸になると言う呪いを掛けられた姫子ちゃん。
そのために、みんなから嫌われるようにわざと振る舞う姫子ちゃん。
そんな姫子ちゃんは、勿論みんなの嫌われ者。
そんな姫子ちゃんに恋をした扉の国の王子。
2人の恋のお話!(かと思うと三角関係に変わってたけど^^;)

使われてた曲が、可愛くてピッタリ合ってました♪
同行のさわちゃんは、ちゃんと知ってましたよ。
名前、聞いたのに忘れました^^;(また教えて)

何度も繰り返し出てきた、名台詞
「その呪いごと抱きしめてやる。
たとえ君がどれほど呪われていようとも」

みんなが、抱きしめるシーンでは、うるうる。
あちこちから鼻をすする音が・・・

生のお芝居、超楽しいですね!!
中毒になりそうです。

| | コメント (0)

リトル・ミス・サンシャイン

子供向けのミスコン「リトル・ミス・サンシャイン・コンテスト」へ向かう、
オリーヴと家族のロードムービー。
近所のワーナーマイカルで今日まで1週間のアンコール上映でした。
ワンコイン(500円)で、見たかった映画が!めちゃお得やね。

冒頭の食事シーン。
出かけていた母親が食事時間を告げる。
「後、10分で夕食よ!」
早っ!帰ってきて10分だよ。
長男にチキンを持ってきてと頼む母親。
フライドチキンが入ったBOXが食卓に上り、
サラダが置かれる(これは手作り?)
最後に母親が言う「スプライト飲む人?」
すごいメニュー(笑)
ちょっと衝撃的でした。

ま、これは後々の家族の問題に関係無いと言えば無いのだけど、
食事内容は精神的にも少しは影響を及ぼすのかもしれない・・・

自殺未遂の叔父、
空を飛ぶ夢を持つ長男(夢が実現するまではと、半年間誰とも口を利いていない)、
問題を起こしてホームを追い出されたお祖父さん、
夢は実現させなくては意味がないと言うお父さん(人の話を聞かない)

長男が、絶叫するシーンは心にズドンと来た!
そして、妹オリーヴの長男にした仕草に胸キュン。

そして、メインイベントのミスコンでは、やられました!
彼女のダンスの指導はお祖父さんだったんだけど、
練習風景は、それまでに一度も出てこず・・・
衝撃的で、思わず笑って、そして家族の姿に涙が・・・
現地でミスコンを見て、バカバカしさに気付き、
出場を止めようとする叔父さん&お兄ちゃんが格好良かったよ。
ホント、ちゃらちゃら着飾って競い合うなんて、何なんだ!?って
感じたし、あの展開はサイコー♪

地味だけど、ホントに良い作品。
お奨めです。

| | コメント (2)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »