« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

散るぞ悲しき

梯(かけはし)久美子著、映画「硫黄島からの手紙」の主人公である栗林中将について書かれた本です。
(悠さんのブログで紹介されてたのを見て、図書館で借りてきました^^)映画で描かれた世界が、より詳細になりました。他の関連書物も読んでみようと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

化粧ポーチ

Dscf0603_1
化粧ポーチが汚れてきて気になってたので、休憩時間にパルコをうろうろ。「ホリデーアパートメント」って言う雑貨屋さんにて見つけました。金や銀の刺繍にスパンコールがぎっしり。こう言うの大好き!お値段も1600円のが600円にプライスダウンに。ってコトで迷わず連れて帰りました^^化粧品のポーチじゃ勿体ないかなぁなんて思ったりしてます。(持ち歩きたい!)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

鉄コンとボンド

先週は「007カジノロワイヤル」、昨日は「鉄コン筋クリート」を観てきました。
「鉄コン・・・」は補完し合うシロとクロの2人が深い!原作のコミックを読んでみたいです。2人が子どもだって言うのが頭から離れず、それが暴力の渦の中に居ることが、観てると辛かった原因かも。宝町が古い日本の街並みなんだけど、どこか別の国(東南アジア系)が混ざっていて、独特の世界で面白い。
「007」は、新しいボンド役のダニエル・クレイグ、観る前は”どうかなぁ~”と思ってましたが、クールで格好良いボンドに、はまってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸福論

長倉洋海と関野吉晴の対談集。読み終わったのは一昨日だけど、niftyがメンテしてたので感想をUP出来ず・・・。ってコトで、本の感想が薄くなりつつあります(笑)
目次をメモ

辺境への旅立ち
異文化との遭遇
どこへ行く、時速80キロ社会
コミュニティを再生せよ
お前は存在しているか
ネットワークで生きる
桃源郷はいずこ

桃源郷は、自分が根をはやし生活している場所だって言うのは同感。幸せかと聞かれて直ぐに返事できないとか書かれてたけど、私は違う。私は、不安に思うこともあるし、たまには嫌な思いをしたり辛かったりもするけれど、基本的に幸せだって思える日々を過ごしています。普通に生活している中で幸せはいっぱい存在しているし、それを感じるコトが出来る自分が好きです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大奥

昨日、見てきました♪豪華絢爛、女性陣の衣装スゴイです。これから公開の「マリーアントワネット」の日本版?ってくらい。情報誌に紹介されていた、仲間由紀恵の白地に赤い金魚柄の打ち掛けが可愛いですよ。中に着ていた着物が水色と、キュートなコーデでした。
内容は、あにはからんや、昼ドラの時代劇版と言ったところ。印象に残ったのは、歌舞伎役者である生島役の西島秀俊!上手かったです。「大奥」は、西島秀俊を見るだけで十分価値がありました。あの目の演技も良かったなぁと、うっとりとしております。

そして、影響されやすい私・・・「大奥」は、急いでいる足下がよく映るんですが、家に帰っても、サササササッと言う、急ぐにしても細かく足を運ぶ着物歩き?が移ってて自分でも笑えました。
着物での歩き方と言えば、小学6年生の時に、13参りで初めて着物を着るって言う時に、今は亡き祖母に「ザルを頭に乗せて落とさないように歩く練習をしなさい。」と言われ、家で練習したのを思い出しました、懐かしいなぁ^^
背筋をまっすぐに伸ばせってコトでしょうね。
あと、「大奥総取締役、絵島に御座います。」なんて、家で言って遊んでましたよ(私以外、誰も見てないので分かんないんですがね^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

瀬尾まいこフェア

瀬尾まいこ、かなりのお気に入りになりつつあります。続けて2冊、未読の作品を読みました。どちらも良かった^^

「強運の持ち主」は、OLが向いてないと占い師に転職した、ルイーズ吉田が主人公の短編4作。
そして、今日読み終えたのは、「卵の緒」。自分が捨て子じゃないかと疑う育生は、小学校の先生に、「親子はへその緒で繋がっていた。」と言う話を聞き、母親にへその緒を見せてとせがむ。母が見せてくれたモノとは・・・。もう一つは、母親の違う七子と七生の姉弟の話。どっちも愛しくなるようなお話です。

著者のあとがきを読んで、またジーンときた。瀬尾さんは、人と繋がるコトをとても大切で、そして大事なことだと考えているのが伝わってきて、心が温かくなった。人と繋がるコトって、私もホントに素晴らしいコトだと思えるから。新年になって思ったことは、自分の今有る、人との繋がりをちゃんと大切にするコトです。そしてこれから新しく繋がることが出来るコトを考えると、それだけで幸せになれる気がします。ちゃんと向き合って、疎かにしないコト。今年の目標です。^^

瀬尾さんの一言が自分の言葉に。

そこら中にいろんな関係が転がっていて、誰かと繋がる機会が度々ある。それは幸せなことだ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

新春第一弾!映画鑑賞と読書

この春、最初の雪。吹雪の中、出勤してきました^^;

今夜から始まった大河ドラマ「風林火山」をチェック。武田信玄の軍師、山本勘助が主人公です。内野さん良い感じでした。次回も見ます。そして「ちゅらさん4」が13日に!忘れないようにカレンダーに書き込みしました^^

今年初の映画鑑賞は、5日に「武士の一分」と「デスノート後編」
「武士の一分」は、キムタクはキムタクやんなぁと思った事と、壇れいさんが清楚で美しかった事。文鳥が上手く使われてました。そして、芋がらの煮物、今ではあまり口にしないお料理かも。うちの母が、子どもの頃によく食べていたと聞いたことがあるのを思い出しました。「デスノート」は、漫画とは違う展開を楽しめました。でも、藤原竜也はどうかと思う。この辺は、さわちゃんと同意見。

最近読んだのは、岡田惠和著「天国は待ってくれる」・・・う~ん、出来すぎた話に現実感なさ過ぎ^^;
そして、伊坂幸太郎著「陽気なギャングの日常と襲撃」。これは、「陽気なギャングが地球を回す」の続編。軽妙なタッチで、思い入れのあるキャラが活躍してくるのでワクワクしながら読み進みました。やっぱり、映画の「・・・地球は回す」では、残念だった成瀬さんの役作りが思い起こされる。(良い所も色々有りましたよ!)クールで居て欲しかった(笑)小説では、クールな成瀬さんが健在で嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

新年おめでとうございます!

0101_4

今日は、お雑煮でお祝いした後に、初売りに出かけました。1年間、故障して我慢してたけど、スチームオーブンをついに購入!これで、アレも出来るしコレも出来きちゃいます!(ちゃんと活用しないとね^^;)
上の画像は、今年初購入のレストランド・シュウのお節料理です。イベリコ豚のシャピリアンソース、仔牛のフリカッセ、トコブシのグラッセ、セップのファルシーウニソース、フォアグラのプディングなどなど、よく分からない名前が並んでましたが、1品ずつ味わって頂き、2時間かけて食事(笑)堪能しました!美味しくて幸せ。

0103_1

そして、初売りでは、福袋をゲット!お店の前を行ったり来たりして迷ってたら、旦那が背中を押してくれて5千円の福袋購入。自分のお洋服の福袋は初体験、これで1年の運を占おうってくらいの気持ちでエエイ!と購入。それが、大当たり。写真のブルー系のインナーと黒のレーシーなブラウス、他にはグレーのセーターにキラキラの付いたキャミソールに黒のジャンパー。3万円分以上のモノが5千円!ガンガン着られそうかなと嬉しがってます♪いい年になりそう~因みに旦那はネルのチェックのシャツを、次男はPSPのメモリースティック何とかを買っておりました。(よく分かってない・・・^^;)

そうそう、久しぶりに着物でお買い物に行ってきました^^

0101a

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »