« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

米原方面鶴賀行き!

今日の仕事の帰りに電車に乗ったら、”米原方面敦賀行き”でした!

えっと、地元じゃないと分かってもらえないかと思いますが・・・

JR西日本の滋賀県北部のJR北陸線、湖西線の直流化による「琵琶湖環状線」が21日に開業!それまでは、北陸線は長浜まで、湖西線は永原までだった新快速が、一部近江塩津または敦賀(福井県敦賀市)まで延長に。近江塩津では両線の乗り換えが、5分の待ち時間で同じホームでできるようになるなど湖北、湖西地方の連絡もよくなったんだとか。すごい、これで電車で琵琶湖1周が出来ます(笑)

嬉しくて、支配人にメール(この前、職場で琵琶湖環状線の話題が出てたので)

わたし「今乗った新快速、米原方面敦賀行きでした!初めてです!!!」
支配人「乗り過ごすと大変なコトになるので気をつけて下さい!」
わたし「ちょっと海も見たいけど、今度にします。」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「幸福な食卓」のチラシ

今日、チラシが届きました。単行本の帯と同じ写真が使われていました。
こんな感じ→http://ko-fuku.jp/pc/
この子が大浦君かなぁ、この子が直ちゃんかなと見ていると、ググッと読んでた時の気持ちが蘇り泣きそうに^^;
映画、楽しみ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸福な食卓

瀬尾まいこ著。
映画化され、1月に公開予定らしく、配給から本が送られて来ました。で、すかさず一番に読ませて貰いました(笑)いや~良かったです。最後の章を電車の中で読んだのは失敗!あ、やばい、泣きそう・・・とか思って、ぐっと本から現実に意識を戻したんだけど、読み進むと涙がじわんじわんと滲んできて困った。
大浦君、良い子だなぁ~2人の関係もとっても良いし、幸せなのが伝わってくると思って読んでる時の、あの最終章だもん。気になったら、読んでみて下さい。お勧めです。直ちゃんも好き~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまには秋らしく・・・

1018a
プライスコレクション 若沖と江戸絵画展を見てきました!
平日なのに、すごい人!土日に行ったら大変なことになりそうです^^;

若沖の虎がキュートでした!
太陽と鶏の絵も格好良かった!
他の絵師の美人画や丸山応挙の作品、小襖の蓮の絵もステキ・・・
絵を堪能してから美術館内のカフェでのんびり麦酒♪

ランチはフレンチの予定でしたが、人気店らしく予約無しではダメでした^^;
楽しみにして行っただけにガックリ。
気分を入れ替えて、COCONの中のオーバカナルへ。
今日はキッシュのランチとアニス風味のクリームブリュレ。
(ダンナは豚肩肉のカシス煮込み)
行き損ねたお店には11月にリベンジします!

1018b

ホントに久しぶりに着物を着ました。格子柄の着物に半襟はグリーンの水玉。
ちょっと暑いくらいの良いお天気でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜日は過ぎていく・・・

予定のない休日。
久しぶりにホームベーカリーでパンを焼いたり、明日のお弁当用にレンコンのキンピラを作ったり・・・食べる支度ばっかりです(笑)夜は安いカルビ肉で焼き肉にしました♪満足満足。明日は栗ご飯です!

村山由佳「天使の卵」読了。うーん、上滑りしていて、中身がない印象でした^^;残念。映画がもうすぐ公開ですが、小西真奈美の役所は彼女に合ってるなとは思いました。優しい年上の精神科医って役所。

「功名が辻」ますます面白くなってきてます。どんどん時間が流れて、いよいよ関ヶ原の合戦の3ヶ月前!それにしても、千代と一豊の仲むつまじいこと、そして千代の賢さ。時勢が読め、夫に的確なアドバイスが出来るなんてすごすぎ。もう出てこない小りん(長澤まさみ)がダンナのお気に入りでした。秀吉役の柄本明、家康役の西田敏行が登場してきたばかりの頃からどんどん貫禄が付いていく変化が上手くて、貫禄が付く頃には誰が見ても秀吉と家康そのもの。さすが役者です!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

誰か

宮部みゆきの「誰か」を読了。
これで新作、いつでも来い!って感じです(笑)早く、図書館から連絡来ないかなぁ。
宮部さん、やっぱりスゴイ。主人公の気持ちにぐいぐい引き寄せられて、本気で怒ったり悲しかったり。これって文才以外の何者でもないですね。姉妹の話だったのですが、姉と妹と言う関係においての心理描写、怖いほどでした。姉妹って張り合うような部分あるんですよね。何故か。自分たち姉妹に照らし合わせても、過去に色んなコトあったなぁと思います。仲良しな姉妹見ると羨ましいです。

仕事用のパンプス、新調したら大きめ。気を抜いて歩くと、かかとが抜ける感じ。今日、中敷を入れてみたら良い感じになりました!さわちゃん、ありがとう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゆれる

監督、脚本:西川美和、企画が是枝裕和(「誰も知らない」の監督)
配給はシネカノン(良い映画多いですね!「フラガール」もだし)

今日は有給を貰ってたので、ダンナと喫茶店でモーニング→映画→ラーメン(天下ご麺)と言うコース。

映画の感想は・・・
息を止めてスクリーンに集中していた気がします。
重くて深くて、感想を簡単に言葉に出来ないような作品。
今年の私のベスト1になりそうな予感!

兄弟の心の吊り橋がゆれる。
田舎に残って実家の仕事を継いでいるしっかりモノの長男と東京で自分の好きな生き方をしている次男。内容もさることながら、風景に街、役者さんに映像、音楽と丁度良い具合に一緒になっていて・・・

感想はホントに一言で表現すると、ゆれる映画でした。

明日も休みということで、気分はのんびり。
さっきから音楽を聴きまくり。くるり、サザン、東川亜希子、東京事変、松たか子、平井賢、やまざきまさよし。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

ちまたは3連休みたいですが

1008
私は今日だけお休み。
スーパーの開店する時間までにお洗濯を済ませ、仕事用のパンプスと息子のスニーカーを買いに行ったり、食品を買いだめしたりして午前中終了。
午後からは、ベランダを久々にデッキブラシで磨いて、アルミサッシの桟や窓ガラスを掃除。夕飯はイカのボイルしたモノと、お刺身を買ってあるので、胡麻を擦ってほうれん草の胡麻和えの準備。レンコンのキンピラも作ろうかなと思案中。(他にも人参とツナのサラダを作りました)
マンションの更新の手続き。先週、保証人のハンコを貰いに実家に行き、今日は書類を何枚も記入して押印しました。あとは投函するだけ。面倒です、こういう手続き^^;

焼き肉、食べに行きたい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜のピクニック(映画)

『並んで一緒に歩く。ただそれだけなのに、 どうしてこんなに特別なんだろう。』

クールに見えて、でも実は友達思いで熱くて、しつこい(笑)戸田忍くんは、格好良かったです。でも、西脇融くんが好みです。硬派な感じが高感度大!
融と貴子が一緒に歩きながら話すシーンでは、涙がぽろぽろ。

まさに青春!って感じ。映画を見てる間は、気持ちが高校生に戻ったようでした。ちょっと心のお洗濯をしたって感じです♪

家に帰ってダンナに映画の話をしました。80キロ歩く鍛錬歩行祭なんだよって言うと、ダンナの高校も50キロを走ったんだそうです。うちの高校のは17キロ位だったかなぁ?走らされたのは。
長男に高校生活は楽しい?って聞くと、「そうでもない。」って返事にガッカリ・・・本音じゃ無いとは思うんだけど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

夜のピクニック(本)

恩田陸著。
朝8時から翌朝の8時まで、ひたすら歩き通すと言う高校の行事、歩行祭。
ぐちゃぐちゃした気持ちや、歩く事からくる体の限界を感じる痛み、友達との会話。なんか、すっごく懐かしい感じがした。友達って良い、すごく良い。ちゃんと自分を見てくれてて、自分以上に自分を分かっててくれてたり。電車で読んでて涙こぼしそうになって、慌てました(笑)

この本を読んで、映画にすると良いかもと思ったって感想を聞かせてくれたのが、私の友達トオル君でした。
そして、そのトオルくんから、昨日2人目のお子さんが生まれたとメールが届きました!
おめでとう、おめでとう。どれだけ喜んでるのか分かる気がしました。私も嬉しいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »