« 映画や本の覚え書、そして日記 | トップページ | 星々の舟 »

凶笑面

北森鴻の「凶笑面」新潮社。少し前にNETで「もののけひめ」を調べていた時に引っ掛かった小説です。図書館で見つけたので借りてきて読みました。

本の帯にコメントを書いていたのは何と京極夏彦!

「だいだらぼっち」と踏鞴(たたら)(製鉄の工程で使われる足踏み型のふいご)の関係に、片葉の葦伝説と、気を引く内容てんこもりな小説でした。でも、やっぱり京極夏彦かなぁ。京極堂に匹敵するヒロイン、蓮丈那智にあまり魅力を感じなかったせいかも。

|

« 映画や本の覚え書、そして日記 | トップページ | 星々の舟 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46726/10789918

この記事へのトラックバック一覧です: 凶笑面:

« 映画や本の覚え書、そして日記 | トップページ | 星々の舟 »