« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

明日の記憶(ネタバレ有り)

「明日の記憶」
これはダンナと観ようと決めてたので、一緒に見に行って来ました。
配偶者が、若年性アルツハイマーになったとしたら・・・
病気の兆候に気付きだした時の気持ち、病院での検査と結果。
仕事のけじめ、夫婦向き合う生活。
そして、病気の進行・・・

自分たちに起こったとしたら・・・と思って観てました。
一緒に過ごしてきた時間が消えてしまうとしても、それでも生きてるだけで
良いんだって思える強い自分で居られるか。夫婦って、これから続く人生を、
ずっと一緒に過ごしていく相手なんだって実感。
辛いことも楽しいことも、悲しいことも、嬉しいことも、苦しいことも、2人で。

大滝秀治のボケた老人役、良い味出てました(笑)
あと、野焼きの時の熱燗と焼いた芋?美味しそうでした。

「ナイロビの蜂」
純愛物でした・・・妻テッサが死んでから、彼女について
もっと深く知ろうとする夫ジャスティン。
生前、妻が熱心だった慈善事業の内容を調べていくうちに、恐ろしい
国際的陰謀が絡み、命を狙われる状況に。家に帰れと言われたジャスティンは、
「妻が家だった、もう帰る場所は無い」と。
ジャスティンが妻の足跡を辿り、どんどん彼女に近づいていく。
昔、テッサが「あの3人だけでも救えるのに!」と言った時に、
それを拒否したジャスティンが、叫んでいたのは「あの子1人だけでも救えるのに!」
ジャスティンが迎える最後、お互いを思い合う気持ちに、テッサの行ってきた活動に感動しました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

間宮兄弟

見てきましたよ!原作のイメージにかなり忠実。
「間宮兄弟じゃなく、マニア兄弟じゃん。」映画の中の台詞にぷぷっと吹き出しそうに。

30代の兄弟二人はすごく仲良し(怪しいくらい 笑)、とっても順調に共同生活を続けている。一緒にポップコーンを食べながらビデオで映画を見たり、TVでスコアを付けながら野球観戦したり、寝る前に反省会をしたり、お互いが凹んでる時にフォローし有ったり(塩むすびとお漬け物美味しそうでした)・・・

特に何かが変わっていく訳でも無く、同じような生活が続いていく。そんな話。
仲の良い兄弟は、仲の良い夫婦に見えましたね。

帰りにコムサへ。4月にダンナのジャケットを買った時に、1割還元サービスをやってて、その期限も迫ってたので白Tと交換してきました。うちの男3人の誰かが着るでしょう(笑)

そして、最近読んだのは「身近な雑草のゆかいな生き方」稲垣栄洋(草思社)
よく見かける道端の雑草の面白い生態について書かれています。

ハコベの種子には突起物があり、靴の裏に付き遠くに運ばれていく。花は、花びらが10枚あるかのように見えて、実は1枚の花びらの根元でうさぎの耳のように2つに分かれている。これも受粉の為、虫に見つけて貰いやすいようにだとか。

スギナの地下根茎は地中深く、かつて原子爆弾が落とされた広島で、真っ先に緑を取り戻したのが、このスギナだったという。地中深く延びていた根茎がシェルターのように熱線を免れたのだろうとか。

ハルシオンは大正時代に園芸用植物としてアメリカから日本に導入。もともとは、北米フィラデルフィアの大地に咲く野の花だったとか。

四つ葉のクローバがあらわれる原因の一つは、生長点が傷つけられることにあるともいわれている。たしかに四つ葉のクローバーは道端や運動場など、よく踏まれるところで見つかりやすいとか。

ヨモギの特徴である、裏の白い毛は、乾燥地帯に暮らすヨモギが無数の細かい毛を絡ませ、通気性を悪くして、水分が逃げていくのを防いでいる。草餅にヨモギを入れるのは、本来は香りや色づけをするためではなく、葉の裏の白い毛が絡み合って餅に粘りけを出すからだとか。

などなど、面白い話がいっぱい!

| | コメント (4) | トラックバック (2)

ブロークン・フラワーズ

Cinema「ブロークン・フラワーズ」
ジム。ジャームッシュ監督の映画って数本しか見てませんが、私は眠くなります。これも前半に(旅に出る前)気が付いたら、意識が飛んでました、わたし^^;(笑)
昔、見たのは「パーマネントバケーション」「ナイト・オン・ザ・プラネット」「デッドマン」

プレイボーイだった中年の主人公が、現在もきままに独身生活を楽しんでいた。ある日、差出人不明であなたの子どもがいます・・・みたいな手紙が届き、かつてつき合った女性を順番に訪ね歩く旅に出ると言う話です。
昔の彼女を巡る旅ってかなり辛くて、見てて痛いです。

「陽気なギャングが地球を回す」
軽いタッチのお洒落な映画です。大沢たかおステキ!、鈴木京香はファッションモデルみたい!
アップテンポで楽しいんですが、いやいや原作とはかなり変更が・・・^^;話的には本の方が絶対オススメ。あと、映画の恋愛要素は不要かと思いました。

Book「図書館戦争」メディアワークス発行、有川浩著。
メディア良化法と言う法が成立した世の中で、有害図書と判断されると、取り締まりに遭い、書店からも処分されていく。それに対して、図書館は強引な検閲から書籍を守るために、武装しメディア良化委員会に立ち向かう。表現の自由を守るというのは面白い発想というか、今までにもそんな話はあったと思うけど、そこに戦闘が絡んでくるって、ちょっとあり得ない気がして、違和感あり(笑)でも、恋愛要素もまじって軽いタッチで書かれているので面白く読めました。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

対談集 妖怪大談義

著者:京極夏彦。水木しげる、養老孟司、宮部みゆき、手塚眞(映画監督、手塚治虫の息子さん)、小松和彦(民俗学者)など15人との対談集。様々な人との対談なだけに、妖怪好きのルーツの話から、権力者が怪異をコントロールしてきたという話、柳田國男が残した物についてや、京極夏彦の著書の話など多岐に渡っていて1冊がとても内容の濃い本でした。

この本を電車で読むためにカバンに入れて持ち歩いていたのですが、昨日は向かいに座った男性が(推定年齢50代)柳田國男の「妖怪談義」を読み始めたんで、ちょっとビックリ!^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母との電話

今月末に叔母と共に遊びに来る母に電話を入れてみました。自治会の役員のコトでもめているらしく、色々と愚痴を聞く。聞くのも親孝行のうちかなと頷きながら話を聞く。(役員を誰も引き受けたがらずに、父が毎年続けて役員を引き受けているそうで、今年も体が悪いにも関わらず引き受けてしまったようだ。^^;)
母の病院通いの話などの後、「ご馳走すると言ってくれたけど、かやくご飯(炊き込みご飯)か、ちらし寿司や巻き寿司がお父さんの好きな食べ物だから。」と・・・。あの、全部父の好物なんですけど。自分の好物を言えば良いのに。(母の好物はお刺身って分かっては居るけど)
母と話をしていて思ったのは、このくらいの年になると・・・なのか、友達と話している感覚なのですね。愚痴を聞いてあげて、頷いて。私が母と同じ年になった時にも子供相手に、電話で愚痴を言うようになるんだろうか^^;なんか、想像できないけど。

今日は、ホームベーカリーでミルクパンを焼いてみました。母が来た時にもお土産に焼いてあげようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末は雨

週末は予定も無いので、買い物に行ったり、家族揃って家で昼食を食べたりと、特に何も無いけどのんびりした休日を過ごしてます。昼食は、豆板醤を買ったばかりで使いたかったので麻婆豆腐(昨日の唐揚げで片栗粉を使い切ってたのを忘れていて、コンビニに買いに走る^^;)と白菜の漬け物、納豆、大根おろしと小女子。美味しくてご飯をお代わり(笑)

■最近観た映画
『LIMIT OF LOVE 海猿』
みんなが良いって言うので、あまのじゃくな私は期待しないで見に行ったのですが、面白い!いやー、必死に頑張ってる男の人たち格好良かったです!熱いです。伊藤英明(体格良いですね、うっとりです)はもちろんのコト、時任三郎、石黒賢、美木良介みんな格好良い!!予習のために『海猿』DVDを観てから行きました。

■最近読んだ本
京極夏彦「百器徒然袋 風」
シリーズの、読む本がまだ残ってました(笑)嬉しい・・・次男が借りてきたので読むことが出来ました。3作品のうち、「雲外鏡」「面霊気」が面白かった。「面霊気」を読んだら、益々エノさん良いなぁって思えますよ♪
あー見えても、実は・・・ってところがぐぐっと来ます。でも一番は京極堂ですが(笑)

車のタイヤを交換してきました。平日に1人でオートバックスに行って、タイヤはあらかじめ決めていたので、ワイパーのゴムも交換して貰い、40分くらい待ちました。走ってみると、私でも違いが分かります^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雨降りの休日

お昼ゴハンに、雑誌に載っていたメニューを作ってみました。
酢飯に鮭のほぐしたモノと青紫蘇、ミョウガ、胡麻を混ぜ込むだけ。あとは大根と揚げのおみそ汁を作りました。ゴハンは好評^^

お昼からダンナのメガネを買いに行く。TAKEO KIKUTIのフレームなしタイプ、結構格好良いのが買えました^^その後、紅茶のお店「ケトル」にてお茶をする。レモンタルトとチーズケーキをセイロンティーと。添えられた生クリームが上品な味で美味しかったです。

車のタイヤもそろそろ交換しないとヤバイので、オートバックスに立ち寄り値段の下見。今週中に交換に行く予定です。

実家の母に、父も退院したことだし近江八幡に遊びにおいでって声をかけてたんですが、ふと思いついて大阪のおばさん(母の妹)も誘って一緒に来たら?って今日電話を入れてみました。(7人きょうだいの5番目の母と6番目の叔母は仲良し)私の電話の後、10分後位に母から電話(笑)「むっちゃん(叔母)が28日なら行けるって言ってる。」ってコトで直ぐに決まりました(笑)はやっ!叔母は小学校の校長をしてたんですが、この春に退職して結構時間を持て余しているようです。大学の講師の仕事をいくつか引き受けてるみたいではありますが。みんなを迎える準備を計画するのが楽しみ!さて、何処に連れて行って何を食べさせてあげようかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴールデンウィーク

504昨日は、我が家恒例となった大文字山登山?に行ってきました。雲一つないホントに晴れ渡った空でした。山の上からは京都市内がキレイに見え気持ちよかったです。大阪まで見えたのにはビックリ!山を下る人、登る人がすれ違いざまに「こんにちは」って挨拶をするのが気持ちよかったです!

今日は、天気が良いので、毛布4枚をコインランドリーに持ち込み洗ってきました。これで気持ちよく、来年も使えます^^その後、電気屋へ。貯まっていたポイントを使ってホームベーカリーをゲット♪早速焼いてみましたよ。

「陽気なギャングが地球を回す」伊坂 幸太郎 (著)
5月20日公開の映画の原作本を読みました。状況がすごいスピードで展開。映画見るのが楽しみです♪キャストは、佐藤浩一、大沢たかお、鈴木京香、松田翔太他。

あと、近いうちにしなくちゃいけないコト
○洗車
○タイヤ交換
○ダウンジャケットのクリーニング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »