« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

時効警察

夜中の「時効警察」を見ています。
オダギリジョーに麻生久美子、豊原功補 など、ナレーターは由紀さおり。

とにかくネタ満載!
本郷高志(時効警察)=本郷猛(仮面ライダー1号)
十文字疾風(時効警察)=一文字隼人(仮面ライダー2号)
霧山(オダギリ)が食べてるうどんの形がクエッションマークだったり、三日月くん(麻生)が困った時に、たらーっと漫画のような汗をコメカミに流してたり・・・ほかにも色々!

「辛いものを食べると髪型変わる。」ってところから、嘘をついて汗をかくと髪型が変わる、つまりさっきの人は髪型が変わったので嘘をついてると言う推理も変すぎ(笑)(汗をかいて髪がぶわっとなる感じってホント?)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

読んだ本と観た映画

■Book
京極夏彦「陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず)」
生きている事の意味とは?19年間も館の外に出たことの無い伯爵に纏わる謎の事件の真相とは?今回の蘊蓄話は儒教と儒学。難しいけど、読んでいる時だけは分かったような気になって読んでます^^;京極堂の座敷に人が集うシーンでは、自分もその場に参加しているかのような嬉しさを感じてしまう、これって中善寺ファンの心理なのでしょうか。
(中善寺が登場してくると一気に読書ペースが速くなるのです)

■Cinema
「単騎、千里を走る」ネタバレありです
中国人の子役が可愛かったのと中国の何て村か忘れたけど、1人の客人の為に村民が戸外に卓を寄せ、長い1つの卓にし食事をするシーンと、中国のごつごつした岩?みたいなのがある自然の映像は良かったけど、全体的に何なんだって印象。(好きな方、ごめんなさい)仲違いしていた息子が癌だって言うんで、息子のやり残した事をするために中国に渡るのだけど、息子の最後には間に合わず・・・って言うか帰る気無かったんでは?って思ってしまった^^;

「ミュンヘン」
ホントにあった話なので重いです。ミュヘン事件を全く知りませんでした(旦那に「え!知らないの?^^;」って言われましたが)民族問題って難しいです、無知なのが恥ずかしいです。自分を犠牲にしてまで民族の為に働くのがしんどそう・・・そして最後は疑心暗鬼に陥って精神的にもおかしくなってしまってたし・・・さすがアカデミー賞候補の作品でした。料理作ってるシーン、食べてるシーン美味しそうでした。殺戮シーンはえぐい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

百万遍の手づくり市

百万遍にある知恩寺境内で毎月15日に手作り市が催されています。(小雨決行)
前から行きたいと思っていたところ、今日は仕事も休みだったのであゆみちゃん、ミドリコちゃんの3人で行ってきました。京都駅から17番の市バスに乗ると百万遍のバス停まで30分ほどです。(因みに乗り場はA2.そうそう、今日も道?を聞かれました。中国系?の若い男の子。28番に乗りたいけど何処に行けばいいかと聞かれ、1人ダッシュしてバス案内板に見に行くと、彼が付いてきてたので現在地を指で示し、Dの3です!って場所を指すと、「D、 three」と言い、一礼をして去って行かれました。目的地は嵐山、大覚寺方面みたいですね。無事に辿り着いたかなぁ)

市(いち)は、すべてのお店が手作りの品物を販売。若い作家さんや学生さん風の方がいっぱいマイショップを開いておられました。フェルト、ビーズ、ボタンや皮で作ったコサージュ、ストラップ、ネックレス、指輪などのアクセサリー、皮のバックに、アイリッシュ ニードルワークの繊細な作品がすごく美しかったです!ベビーシューズやブローチの様な小物。生成り色の糸を使った、緻密な手仕事の作品は、まさに芸術品です!
お店の方にいろいろお話を聞いて写真を撮らせてもらったりしました♪
食べものもカフェの方が焼き菓子を販売していたり、パンにケーキに苺大福(これは餅の色にバリエーションがあり過ぎて気持ち悪かった。紫に緑に黄色の苺大福って!)などなど。ベトナムコーヒー(練乳入りの珈琲)があり食後に狙ってたんですが雨が降り出したために1時には帰路につき飲めず・・・残念でした^^;

ランチはお寺の横にある京大のカフェで。メインのポークカツレツとクリームパスタ、サラダ、スープ、パンも付いて650円でした。ここお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京の食文化

京都文化博物館にて・・・
食文化には興味あるんで、是非見に行きたいなぁ~

ー京料理・京野菜の歴史と魅力ー京の食文化
会期
2006年3月11日(土曜日)~4月16日(日曜日)
休館日/月曜日
入場料(常設展観覧可)
一般:1000円
大高生:700円
中小生:400円

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久々に日記更新

●CINEMA
「男たちの大和」 
良かったよ~!見終わって友達にメールで勧めました。今年見た中で1番。

「ハリーポッターと炎のゴブレット」
どのシリーズも映画は同じような印象が残るのは何故?

「フライト・プラン」
はらはらドキドキ、短い上映時間が好感が持てる。

「オリバーツイスト」
ポランスキー監督スキです。「戦場のピアニスト」の時もそうだったけど、時代を感じさせる町の作り込みとか好き。

●BOOK
京極夏彦「今昔続百鬼 雲」
短編4作。4作目に黒づくめの彼の方が登場すると一気に面白さUP!

宮部みゆき「孤宿の人 下巻」
上巻を読んでから時間が経っていたのが惜しい^^; でも面白かった。さすが宮部みゆき!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

読んだ本と観た映画

■BOOK
戒厳令の夜(上下)五木寛之
20年前に読んだ本を再読。吉原御免状から”サンカ”をNETで調べてて、”サンカ”を
扱った小説として紹介されてました。久々に読んでも面白かった(結構、内容忘れてました^^;)

疾走 重松清
映画を先に観てから原作を読みました。衝撃的な作品です。

漫画「のだめカンタービレ」1~14巻
2日間で一気読み!続きが早く読みたい♪これからCD聴きます。

■CINEMA
THE 有頂天ホテル
子どもと観てきました!楽しい映画、お芝居を観ているよう。エンドロールの間中、1人で拍手してました(笑)

疾走
衝撃的な映画でした。見終わったと、重くて苦しくて。主役の男の子がジャニーズの子だとは思わなかった。上手かったです。

トニー滝谷(DVD)
村上春樹「レキシントンの幽霊」に納められている短編の1つを映画化した作品。
小説をそのまま朗読するようなナレーションに、時々役者さんの台詞。映像がキレイ。

スタンド・アップ
勇気の出る作品です。ショーン・ビーンは、悪役が多いんですが、この作品みたいな役とか是非色々演じて欲しいです。(結構スキ!)

プライドと偏見
イギリスのジェーン・オースティンの小説「高慢と偏見」を映画化(未読なので読んでみたい)キーラ・ナイトレイの瞳がスキです。ホント、美人!

| | コメント (4) | トラックバック (2)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »