« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

西陣散策

129a織成館にて行われた帯留め&帯揚げのファッションショーを見に行って来ました。帯留めは日本刺繍、七宝焼き、ニットに木工と様々な工芸作家の方々の作品。
画像はショーを見に行く前にカフェでランチした時のモノです。「さらさ西陣」と言うお店で、銭湯をカフェに改装しています。(外観はまるで「千と千尋の神隠し」に出てきたような感じ。)壁のタイル張りがめちゃ可愛かったです!私は里芋とベーコンのクリームグラタンを。エンドウ豆のスープとサラダ、パン付。パンはさくさくしていて胡桃入り。かなり美味しかったです♪ミドリコちゃんはアボガドとトマトのタコライス丼、furufuruはタイ風グリーンカレー、あやちゃんは和風チンジャオロースを頂きました。
129b
うろうろして藤森寮と言う、学生寮だった所を工房、店舗に利用している所を発見!ガラス工房(体験教室有り)に不思議工房のお店(ニットの作品に石を使った虫のオブジェ?)、籠にワシを張り柿渋や漆を塗ったモノを作って販売もしくは教室をされてるお店、パズル専門店など(ここでfurufuruパズルにはまる!)、ちょっと面白いお店が集まっていて、じっくり時間をかけてお店の人と話したりと堪能してきました♪
129
最後の画像はあやちゃんの後ろ姿。帯結びがめちゃ可愛かったので写真を撮らせて貰いました。久々に着物を着た私はビシッと着れなくて反省・・・もっと着るようにしようと決意した1日でした^^;
追記:織成館の近くに岩上神社と言う岩を奉った神社を見つけました。 この巨石は二条城の南にあったのを移動しようとしたら吠えたとか、子供に化けたこともあり禿童(かむろ)石とも呼ぶそうです。面白い!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月キモノ関連イベントのお知らせ part2

■木村英子 日本刺繍展
日時:2006年1月25日(水)~31日(火)12時~19時(最終日は17時まで)
場所:ギャラリー3A
(京都市中京区河原町二条北西角B1)

■YOHきものであそぼ(「あそびば」が移転)
場所:京都市上京区浄福寺通上立売上ル大黒町689-6

オープニングイベント
【展示会 江戸小紋を知る】
1/27(金)・28(土)・29(日)
27・28日は織成館の前の石畳にて京都造形芸術大学の学生による
着物ファッションショー(予定)があります。

通常営業
毎週金/土/日の3日間(11:00~18:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイ料理とケーキ

120前から行ってみたいと思っていたケーキ店W・Bolero(ドゥブルベ・ボレロ)に、ようやく行く事が出来ました。夕食の後に食べるのが楽しみです^^お昼はタイ料理のお店「ラナハーン」へ。タイの焼きそばにトムヤンクン、エビの春巻きを食べてきました。焼きそばにはお酢にナンプラー、砂糖に唐辛子をお好みでかけて頂きます。どれも美味しかったです。
今日、一緒に行けなかったお友達、また今度行きましょうね♪場所は覚えました(守山の西友の近くです)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

草乃しずか日本刺繍展

furufuruと(素敵なおキモノ姿♪私は活動的にと洋装をチョイス。しかし見ると着たくなる和服・・・)草乃さんの日本刺繍展を見に行ってきました。
細かな刺繍に艶のある刺繍糸、それから配色の美しさ!furufuruが(多分)「徹子の部屋」に草乃さんが出ていたのを見た話をしてくれた。古くなったキモノは、虫食いで小さな穴が空くコトがあります。その穴に裏布を当てて上から刺繍を施すと、古いキモノは立派に蘇るし、更に愛着の有るモノに生まれ変わらせるコトが出来るって話をされていたと言うのを聞き、草乃さんって素敵!!って思いました。モノを大切にするって日本の文化です。

最近観た映画
■キング・コング(ジェラシック・パークみたいでした。映像迫力有り!)
■あらしのよるに(ガブの声、中村獅童は味がありました。)

最近読んだ本
■百鬼夜行(京極夏彦)(ゾクゾク感のある短編集。今までのシリーズ登場人物が出てきて、嬉!)
■百器徒然袋(京極夏彦)(探偵大活躍の短編3作。エノさんの変人ぷりが、良!)
■孤宿の人・上巻(宮部みゆき)(早く下巻読みたい・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親子フォーラムにて

今日は中2の次男の親子フォーラムに参加。
2学期に5日間体験してきた職場体験の報告集会でした。職場体験は実施されて7年目だそうです。
子供たちの受け入れ事業所は56件も!事業所のみなさんに感謝です。

建築設計事務所に、ゴミ処理場、ケーブルテレビ、保育所、幼稚園、スーパー、産婦人科、弁当屋さんに養鶏所、牧場、美容院、ガソリンスタンド等々・・・うちの子は陶芸教室にて仕事を体験させて貰ってきました。掃除に土運びなど雑用をして最後に陶芸体験まで。きっと迷惑かけたと思います^^;

建築設計事務所では指導の元に、簡単な設計図(夢の家)を書いてモデルを完成させるまでさせてもらったそうです。弁当屋では100個のコロッケを作ったり(3人で!)、養鶏所では卵の選別や箱詰めをさせて貰ったとか(卵の表面がざらざらしてるモノよりツルツルのが良いとか)、牧場では掃除と牛のえさやりが大変だったって話を聞きました。強い牛がえさを食べてしまい、弱い牛は食べるえさの量も少なく病気がちだとか。で、公平にえさをやるのが大変だそうです。

そして、私がビックリしたのは産婦人科に職場体験に行かせて貰った子供たちです!
ミルクを作ったり、赤ちゃんの沐浴もさせて貰ったそうです。
そしてなんと出産にも立ち会うコトが出来たらしく、感動したって言ってました。中学生でそんな体験が出来るなんてスゴイと思いました。きっといつまでも忘れない大事な体験になったと思います。

そんなみんなの話を聞いたり、ビデオの映像を見せて貰えてちょっと感動しちゃいました。
久しぶりに、発表されにいらしてた次男の幼稚園の時の担任O先生にも会えて帰り道にお話も出来て嬉しかったです^^(トラ屋帽子店のコンサートにも一緒に行った先生なんです♪)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初キモノ

001お家でキモノ。おぜんざいを作って頂きました。手巻き寿司用のブロックの魚が美味しそうだったので、今夜は自家製にぎり寿司です!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月キモノ関連イベントのお知らせ

百の帯留展Ⅱ
会場:織成館
会期:2006年1月24日(火)~2月12日(日)
時間:10時~16時(月曜日休館)
織成館入館料:大人500円、高校生以下350円

帯留ファッションショー
「帯留ファッションショー」を「百の帯留展 II」と同時開催。

日時:2006年1月29日(日)午後1:30~3:00
会場:須佐命舎(織成舘新館)
参加費:1000円(入場料・茶菓子代含)

草乃しずか日本刺繍展
会期:2006年1月2日(月)~1月29日(日)[会期中無休]
開館時間:午前10時→午後8時(最終日:午後5時閉館)入館締切=閉館30分前
会場:美術館「えき」KYOTO

| | コメント (6) | トラックバック (1)

塗仏の宴(宴の支度と始末)

ついに読了。始末の後半は畳み掛けるような展開に読むのを止めることが出来ませんでした^^;
あんなにバラバラな事件が1つに収まっていくすごさ、過去の事件が絡んできていたり、かなり早い段階で事件の全容に気がついてる京極堂って何者!?記憶を弄られると言う恐怖。自分が自分だと思える根拠とは何か。今回の様々な事件はゲーム。そして京極堂が、自分が参加するコトは出来ないと言った理由は・・・眩暈坂を様々な人が登り京極堂に人が集まりだすと読んでる私もテンション上がりまくり。
話も面白いのですが、それ以外にも楽しめるコトが多いのが京極堂シリーズ。様々な妖怪のウンチクに、講義を聞かせてもらったようで妖怪に詳しくなった気がしたり。(勘違い)
それにそれにメモでもしたくなる台詞の数々。

「生物が居ることに理由があるのだとすれば、どんな環境になろうとも、どれかが生き残ればいいのだと云う点の配剤なのでしょうね」
「人が生きていくために木を伐らねばならぬなら、それは矢張り伐るべきなのですよ。それが自然の理なのです。ただ木を伐って自然が壊れたと騒ぐのは間違っている。大地が困るわけではない。天が啼く訳ではない。伐り過ぎて木がなくなって困るのは人なんです。自然のほうは痛くも痒くもないのです。」

紹介しきれないけど、面白いです。台詞は一部の引用なので、誤解があるかもしれないので作品全部を読まれることをお勧めします(笑)長いですけど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三ヶ日も過ぎて・・・

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

元日はダンナと初売りへ。フード付きの黒いダウンジャケットを購入。
午後からビデオ「交渉人」を鑑賞。警察内部の人が汚職事件の犯人で、主人公の交渉人サミュエル・L・ジャクソンが濡れ衣を着せられ連邦警察本部の高層ビルに立てこもります。よくある話です。が!ケビン・スペイシー演じる別の交渉人を指名して交渉しながら事件の解明に!ドキドキしっぱなしで、緊張感いっぱい。

2日3日とTVで「里見八犬伝」を見て過ごす。タッキーが出てくるといっつも「義経」にしか見えない、照英が出てくると「水戸黄門」やんとかダンナが言うので笑いながら見る。水戸黄門の台詞まで言うので、「静かにして」って注意をしながら鑑賞。
実は「里見八犬伝」の話を知らなかったので、結構面白く見られました。昔、NHKで人形劇の「里見八犬伝」を放送していて、たま~に見た事はあるんですが、話は知らず。たまに見てただけに登場人物の名前は聞き覚えがあり、少々嬉しかったり。”みょうちん”って不思議な名前なんで字を知りたかったんですが、”妙椿”って書くみたいです。玉が髑髏から飛び出したり、コブから飛び出したりする度に「おー!」とか叫びながら楽しみました!八剣士が並ぶシーンは、さすがに格好良かったです。

3日が初出勤でした。映画館はすごい混雑ぶり!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »