« ミリオンダラーベイビー | トップページ | 京都大骨董祭 »

ピンホール写真

609ダンナと京都へ。今日はThe 1st pinhole ohoto week in Kyotoの企画の一つ、GALLERYはねうさぎにて開催中(12日まで)の徳永隆之氏の『Greenhouse』とエドワード・レピンソン氏の『存在のエッセンス-Essence of Being-』を見てきました。
場所は東山と神宮道の交差点南東角のビルの2Fです。真っ白なギャラリーには徳永氏ご本人が。
NETで遊園地のメリーゴウランドの写真を見て気に入ったとか、挨拶しようかとも思ったけど言いそびれました(汗)今回の写真は、遊園地ではなく、植物園の温室の中の写真だったんですが、遊園地の写真もサイズは小さいですがアルバムに入れられていて見るコトが出来ました。色が綺麗で、寂しい感じが私好みの写真です。
そして、隣の部屋で見たエドワード・レピンソン氏の写真を見て今日ココに来て良かった!って思いました。
モノクロの写真は川の写真、海の写真など風景以外にも、ベンチで眠っているおじさんの写真など、人物の写真がピンホール独特の柔らかい感じで良かったですよ。海と空をモノクロで撮った写真はホントに色のグラデーションもさることながら、波の動きが色の濃さで感じられ、どの写真もですが、この現実の風景を撮ったもので有るはずなのに、心象風景のようで、自分の深いところに響くような、そんな感じ。そして、どのプリントもとても綺麗でした。
帰りに国立近代美術館内にあるカフェ「cafe de 505」のテラスにて麦酒を飲みながら休憩。ここは疎水縁でとても気持ち良く、お薦めです。お値段も良心的!珈琲や紅茶など350円、麦酒も400円です。スイーツもありました。
写真に写ってるi-podシャッフルぶらさげてるのがダンナ(これ付けてると声がでかくなります^^;)609a神宮道と東山の交差点北東角に、アンティークショップを発見。可愛い帯締めを見つけて購入。赤い丸ぐけに刺繍が入っています^^某旧家の蔵出って書かれていて1000円でした!

話変わって・・・ダンナにレーザーラモンと江頭とどっちが良い?(ダンナに言わせると、ジャンルが一緒らしい)と聞かれ「そりゃもう、レーザーラモンでしょ!」って答えましたよ!

|

« ミリオンダラーベイビー | トップページ | 京都大骨董祭 »

コメント

やっぱりレーザーラモンですね、フォー!(笑)
私も明日写真展見に行きます。
学校のギャラリーでもやってました。

投稿: | 2005/06/10 20:40

そうですね。講演会もあったんですよね。
フライヤー貰って帰ってきました。
徳永さんって、穏やかそうな感じの方ですよね。

投稿: maki | 2005/06/10 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46726/4483528

この記事へのトラックバック一覧です: ピンホール写真:

« ミリオンダラーベイビー | トップページ | 京都大骨董祭 »